企業から出た不要品の処分・回収方法

差し上げる事をコネに安心取引

業者の選定

業者は、違法業者も平然と存在するので、気を付けましょう。
悪徳業者につかまると、高額な手数料を請求される可能性もあります。
よく調べたり、信頼できる人に紹介してもらいましょう。
会社の秘密にかかわる内容になるので、物品一つも安易に持ち出せないし、売る事もできません。
一括で査定し、リユースできそうなものは買い取ってもらえるケースもありますが、会社の処分の規定に沿って、会社が必ず廃棄する事になっている場合は、きちんと廃棄してもらいましょう。
契約しているごみ回収業者で特別な回収を行ってもらえる場合は、お付き合いもあるので、同じ業者で全て済ませるのも、合理的です。
会社の規模によって、扱う業種によって、法律上厳しくなるケースもあるので、確認して下さい。

義務

オフィス以外に、リニューアル工事の際の店舗の家具や、飲食店舗の厨房什器全般の、リユースや、回収もできる業者もあります。
明朗会計を強調している業者を選ぶ工夫も、大切です。
会社の場合は、安全に廃棄できる事が、ゴールです。
個人でリサイクル業者に持ち込む感覚とは少し違うので、線引きしましょう。
個人であれば、市町村のごみ収集に大型のごみとして数百円からの有料券を購入したりして、回収車で回収してもらえる便利な行政サービスを利用できる事もありますが、会社は微量でも自社負担で廃棄する事が義務付けられているので、きちんと考えましょう。
会社の規模もありますが、義務や対面を考えて、廃棄までトータルに管理する事が、肝要です。



ページ
先頭へ